2012年09月30日

9月30日慰問演奏

台風が心配される中での慰問演奏でしたが、終わるまでひどくならずよかったですね!
午前中なんかいい天気で本当に嵐が来るの?って感じでしたが。
今日はTpのUが担当致します。

<参加者>
Con 1+1
Cl 11
Fl 5
Sax 4
Hr 3
Eup 2
Tp 3
Tb 3
Tu 1
Per 4


<午前中の練習>
高原列車は行く
まつり
銀座の恋の物語
王将
日本の情景【秋】
天城越え
川の流れのように
ご長寿番組メドレー
青い山脈

本番の曲を一通り注意点を確認しながら通して練習しました。

11時半頃練習場所を出て、各自車に乗りあって13時までに現地集合です。

<慰問演奏本番>
こちらの老人ホームへは3回?くらいお邪魔させていただいていますが、
みなさんとてもノリがよくて吹いていてとても楽しかったですね。
Y崎さんの司会もいつもに増してステキでしたし、たくさん笑わせていただきました。
S木さん、O田さんのデュエットもよかったですね!
歌謡曲中心の曲目だったので歌を混ぜての演奏でした。
天井が低かったので、約40人での演奏は音が大きくて少しご迷惑だったのではないかと心配ですが、
とてもいい演奏会となりました。

<連絡事項>
慰問演奏後、幹部で集まり第14回定期演奏会の選曲会議を行いました。
無事全プログラムが決まりましたので、HPまたは次回練習で発表します。
定期演奏会に向けて早めに準備を始めて余裕を持って本番を迎えられるといいですね!
posted by 楓響 at 23:22| Comment(0) | 慰問演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

5月27日(日) 慰問演奏本番

皆様昨日はお疲れ様でした。日中は暑い日が続くようになりましたが、体調管理には充分にお気を付け下さいませ。今回は左端最後列が指定席のバストロンボーンのMが担当致します。かなり簡略化しておりますが御了承下さいませm(--)m

町田の老人ホーム『はぴねすせりがや』さんにて慰問演奏を行いました。指揮はO沼さん。
演奏曲は以下の通りでございます。

東京ラプソディ
・瀬戸の花嫁
・日本叙情歌集
・リンゴの唄
・高原列車は行く
・川の流れのように
・ご長寿番組大メドレー
・ハッピーバースデー

演奏終了後に記念撮影をしました。
入所者の皆様並びに職員の皆様、本当にありがとうございました!演奏を聞いて頂いて喜ぶ顔を拝見出来た事は演奏者にとっても嬉しい限りでございます。演奏終了後に入所者の方から素敵な演奏をありがとうとにお声を掛けて頂きました。ありがたいことです!来年も是非宜しく御願い致します。

次回の練習は6/2(土)、場所は小山公民館です。譜面台をお忘れなく御願いします。
5/26(土)に団員総会がありました。その時に配布された資料がありますので総会を欠席された方はもらって下さい。
posted by 楓響 at 11:04| Comment(0) | 慰問演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

3月25日 練習&慰問

皆さま、先日の慰問演奏、大変お疲れ様でした。

1日遅れましたが、ClのKが担当いたします。


本日の参加人数は。。。
Fl.  5
Cl.  7
Sax. 7
Tp.  4
Hr.  2
Tb.  4
Eu.  2
Tuba 1
Per. 3
Cond.1  合計 36名。。。もし抜けてたら、ごめんなさい!



さて、午前中は旭小にて、慰問の曲の詳細を再確認しながら曲順に通し、11時で練習終了。

片付け後、第二清風園に移動しました。

あのおばあちゃんが、相変わらずお元気な姿を拝見でき、なんとなくホッとしましたね。


14時を少し過ぎてから、Fl.のYさんのMCで始まり、

東京ラプソディー
北国の春(歌:Tさん)
日本の情景「春」
瀬戸の花嫁(歌:Yさん)
天城越え
川の流れのように
ご長寿メドレー
リンゴの歌(歌:Sさん)

の順に演奏し、約1時間で無事に終了しました。

「北国の春」の千昌夫さんわーい(嬉しい顔)、「瀬戸の花嫁」の小柳ルミ子さんわーい(嬉しい顔)、「リンゴの歌」の並木路子さんわーい(嬉しい顔)
大変お疲れ様でしたるんるん

団長、久しぶりのチューバ演奏お疲れ様でしたるんるん

なかなか楽しい慰問演奏だったと思います。



さて、次の練習は、4月1日(日) 13時より旭小学校音楽室です。
定期演奏会、第2部の楽譜を用意してください。

昨日は温かかったのに、今日はいきなり冬の寒さ!
今日の昼間、橋本では雪がちらついてました雪

皆さま、まだまだ気温の変化が激しいので、風邪などひかないように、お体ご自愛くださいませ。
posted by 楓響 at 00:33| Comment(0) | 慰問演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする