2016年05月02日

5/1 練習&ふれあいコンサート

こんにちは。初めまして。日記係に爽やかな風を、という皆様の熱意にお応えしに参りました、EuphのSです。中身が全く爽やかではない上に、日本語が怪しい弱冠二十歳。どうぞよろしくお願いします。

さて、1日更新が遅れてしまいましたが、昨日(5/1)は横浜市の『特別養護老人ホームみずほ』さんにてふれあいコンサートと、そのリハーサルでした。
指揮はO沼さんで、午前中に相模原総合学習センターにてリハーサル、早めに切り上げて移動・昼食、午後にふれあいコンサート(2ステージ)という形です。

午前のリハーサルは、B♭スケール、アメリカングラフィティ、祝典行進曲、ふるさと…?(記憶が曖昧です)を部分ごと確認、全曲通しのリハーサルです。
ちなみに、プリンスことT.SxのTさんと歌姫Perc.のIさんにふるさとと青い山脈の歌を入れていただきました。司会進行は団長です。

◎曲目
1.祝典行進曲
2.川の流れのように
3.きよしのズンドコ節
4.アメリカングラフィティ
5.ふるさと
アンコール:青い山脈

▽午後第1回目演奏 13:30〜14:00
最初は、何が始まるのか少し不安そうな方、うつらうつらされていた方も、曲が始まり進んでいくにつれ、興味深そうに演奏を聴いて下さりました。大好きな美空ひばりの歌に大興奮で歌ってくださる方や、手拍子等、アクティブな方もたくさんいらしゃいましたね。まだ帰りたくない、聴いていたい、と職員さんに訴える方も。
コントラバスが異様にモテました。"秒で覚えて秒で忘れる楽器"と友人に揶揄された私からしてみると実に羨ましい限りであります。いけないボディーですね。

▽午後第2回目演奏 14:30〜15:00
利用者様の入れ替えをして10〜15分程度遅れて演奏開始。第1回目よりも多くの方が下まで来てくださりました。こちらも第1回目と同様、アンコールまで演奏。お客様の中には涙ぐんでいらっしゃる方も。音楽を聴いて当時を思い出したり、記憶に思いを馳せたり、一緒に口ずさんでリフレッシュしたり…。「とても良かった」とお話ししてくださる利用者様のキラキラとした笑顔を見ると、音楽って不思議な力があるもんだなあ、と感じます。
そして、第1回目にも言えることですが、藤山一郎は大人気ですね。アンコールの曲名を言って、拍手が出たり、歌手名がすぐに出てきたりと、人気度の高さが伺えました。

スペースの確保、飲み物等の準備、利用者様の移動、さらにはお礼にと柏餅(我が楓響男性メンバーの、さらなる健やかなお腹周りの成長と、健康を願って)や和菓子まで頂き、職員の方には感謝してもしきれません。ありがとうございます。

それから、「大変、唇がビロビロお化けで音が出ない」という声を多く聞きました。本番が2回あることを考えて午前の練習はもっと軽くでもいいのかもしれませんね。各個人での調整も必要ですが!

そして、私、今回トロンボーンパートの代奏をさせて頂きましたが、大学の先輩である団長、もしくはトロンボーンパートの優しいお兄様お姉様方にバルブトロンボーンを購入していただけるかもしれません。嘘です。代奏は本当です。

では次回の練習は5月7日(土)、18:00〜、小山公民館にて定期の合奏です。
各パートリーダーさんに、5月22日のふれあいコンサートの出欠確認のメールが回っていると思いますのでそちらも忘れずお願いします。
posted by 楓響 at 16:53| Comment(5) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする